『男はつらいよ』の画像
1969年の第一作。テレビドラマを映画化した。たくさん笑える映画
『男はつらいよ』の寅さんシリーズは、日本が世界に誇る長寿人気作です。1969年からの27年間、全48作、90年代までは、毎年夏と冬の2回公開されていました。主演の渥美清さんが亡くなり、シリーズはストップしてしまいましたが、テレビやDVDなどで、作品を目にした人も多いことと思います。

27年間という長い期間、途切れずに続いたのも素晴らしいことですが、ワンパターン的なストーリー(旅先から寅さんが葛飾柴又に帰ってきて、恋をして失恋する)でも、飽きられるどころか、安心して見に行ける娯楽作として人気を維持したことも驚きです。

よく知らない人にとっては、形式化したシリーズの代名詞かもしれませんが、実際には傑作も少なくありません。なぜ、これほど長い間愛され続けてきたのか、不思議だとは思いませんか?

寅さんシリーズは、日本人の心のあり方、恋愛の形が描かれています。今回の記事では、寅さんの魅力と共に、フラれても、何があってもめげない心、いつでも幸せでいられる心のあり方を解き明かしてみたいと思います。

惚れっぽさは、幸福のひとつ どんどん惚れてしまおう

シリーズ中、寅さんは、一体、何回惚れて、何回フラれてしまったでしょう? 結果には結びつかないものの、両思いの場合もあるし、惚れられてしまうこともありますが、失恋の回数は、記録的。ハッピーエンドにはなれない宿命があったようです。

初めは寅さんも、フラれるなんて思いません。美しいマドンナに会ったら、簡単に惚れてしまいます。マドンナに出会えた喜びでたちまち有頂天、歌も歌うし、意見も変えるし、ダメ男から脱出しようと、奮闘します。

恋をしている最中は、寅さんは間違いなく幸せの絶頂にいます。いい人にもなります。誰にも優しくなります。時には、優しくなりすぎたあまり、恋のライバルにも手を貸してしまうこともあります。

恋に落ちた瞬間から、寅さんの頭の中からは、過去の失敗の記憶や、これからの未来の予測は抜け落ちてしまいます。マドンナと自分の今の関係と、時間としての現在しか頭になくなるのです。

好きになれない不幸もある

男はつらいよ 寅次郎忘れな草の画像
『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』(1973年)は、寅さんの永遠の恋人リリーの初登場作
寅さんの運命の人、浅丘ルリ子演じるリリーは、こういいます。「惚れられるより、私が惚れたいのよ。恋がしたい、燃えるような恋がしたい」

恋されるより、恋することのほうが大切だし、幸福なのだ、振られようと、失恋しようと、恋ができればそれでいい、という心情が伝わる言葉です。リリーにしてみれば、寅さんのように、自分から積極的に誰かを好きになる人は、羨ましいわけです。

寅さんにとっては、惚れた相手の幸福を大事にしたい気持ちと、今現在の自分の気持ちが一番。でも、一方的に思い込んでしまうことも多いのです。だから、相手の気持ちも読み損ないがち。そこが、寅さんらしさといえばそうなのですが。


次ページでは、失恋を乗り越える寅さん流の方法