トム・クルーズが初めて映画プロデューサーに挑戦
『ミッション・インポッシブル』

■監督
ブライアン・デ・パルマ

■主演
トム・クルーズ、ジョン・ボイト、エマニュエル・ベアール

■DVD/Blu-ray発売元
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

■おすすめの理由

1990年代には数多くのアクション映画が製作されたわけですが、その中でもシリーズ作品として、今でも続いているのがこの「ミッション・インポッシブル」です。お勧めの理由は、主演のトム・クルーズが映画プロデューサーに初挑戦していること、スパイ大作戦との違い、トム・クルーズの華麗なアクションです。

トム・クルーズが映画プロデューサーに初挑戦

今作のミッション・インポッシブルは1996年に劇場公開されて大ヒットしました。また、主演のトム・クルーズが初めて映画プロデューサーに挑戦したことでも話題になりました。トム・クルーズは1992年に映画製作会社「クルーズ/ワグナー・プロダクションズ」を設立しており、今作がその第1作となります。また、トム・クルーズはこの映画に相応しいと思う監督を自分で選びました。

ミッション・インポッシプルシリーズは2012年までで4作品ですが、マイノリティ・リポート・ラストサムライ・宇宙大戦争といった作品もこの映画製作会社によるものです。

スパイ大作戦との違い

ミッション・インポッシブルには原作『スパイ大作戦』があり、そのリメイクが映画バージョンとなります。そのため、スパイ大作戦と視聴していれば、色々な違いを楽しめます。ただ、オリジナルと違う設定も多く、今作の意外な裏切り者に原作ファンからの批判もあります。

トム・クルーズの華麗なアクション

今作はトム・クルーズの華麗なアクションも魅力的です。CIAの特殊チームで特殊工作に従事しているイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、様々なミッションに挑むわけですが、どのミッションも不可能レベルです。

例えば、地面に1歩でも触れたらすぐに警報ブザーが鳴ってしまう部屋に、イーサンは上からワイヤーを使って潜入してCDにデータをコピーするミッション。蜘蛛のように脚を開いて、空中でキーボードを叩くトム・クルーズの格好が面白く、今でも鮮明に覚えています。もちろん、激しいカーチェイスシーンや、敵と殴り合うシーンなどもあり、見所満載です。





投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。