12歳の少女に殺しのテクニックを教えていくアクション映画

■作品名
レオン

■監督
リュック・ベンソン

■主演 
ジャン・レノ、ナタリーポートマン、ゲイリーオールドマン

■DVD/Blu-ray発売元
CICビクター・ビデオ

■おすすめの理由
ニュヨークの殺し屋、レオンがその隣に住んでいたマチルダという12歳の少女に殺しのテクニックを教えていくアクション映画が「レオン」です。おすすめの理由は、レオンとマチルダの関係、少女との触れあいで人間性に目覚めていくなどです。

レオンとマチルダの関係

レオン(ジャン・レノ)は安アパート住んでおり、植物の水やり以外、何の興味も示さない殺し屋です。しかし、ある日、隣に住んでいた12歳の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)が家族を殺されて、匿ってほしいとレオンに家に尋ねてきました。そして、レオンが殺し屋だと知ると、復讐のために殺しの技術を教えて欲しいと頼みます。レオンは独り身となったマチルダを追い出すわけにもいかず、彼女と一緒に共同生活を始めることに。

レオンは殺しのテクニックをマチルダに教え、マチルダはレオンに読み書きを教えていきます。二人はいつしか心を開くようになり、親子でもない奇妙な関係になります。12歳の少女はレオンを一人の男性として愛するようになり、レオンもまたマチルダを愛するようになります。初めて誰かのために何かをしたくなったレオン。ところが、殺し屋の世界に私情を持ち込むことは自らの死を早めます。レオンとマチルダの関係は一体どうなってしまうのか。今作の見所です。

少女との触れあいで人間性に目覚めていくレオン

レオンは基本的に無口です。殺し屋なので余計なことはほとんど喋りません。でも、実は思いやりがあるのです。例えば、レオンは傷ついたマチルダの心をブタのぬいぐるみで慰めようとします。ぬいぐるみに笑い転げる彼女こそ、本来のマチルダなのでしょう。そして、お返しに様々な物まねを披露します。冷酷非道な殺し屋レオンが、マチルダによって人間味に目覚めていくのも本作の魅力です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。