マイケル・マン監督が「熱い男」の悲哀を描く

■作品名
ヒート(原題:Heat)'95年

■監督
マイケル・マン

■主演
アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ

■DVD/Blu-ray発売元

東北新社(DVD)/ジェネオン・ユニバーサル(BD)

■おすすめの理由
マイケル・マン監督は「熱い男」の悲哀を描くのが上手いですね。
本作はその最たるものです。

デ・ニーロ演じるプロの犯罪人と、パチーノ演じる執念の刑事と、立場こそ真逆ですが、生きるしんどさやせつなさ、やりきれなさといった、どうしようもない心情を抱えている点では、まったく同じです。
要するに、人間同士です。

本作では特に、各々のプライベートがとても悲惨です。
仕事のために私生活を犠牲にしてきたツケがまわっています。
ラスト近く、それを嫌でも感じざるを得ないカットがありますが、未だ目に焼き付いています。

パチーノが「カリートの道」('93年、ブライアン・デ・パルマ監督、こちらもおすすめです)で演じた、麻薬取引の犯罪人役と、本作でのデ・ニーロの役どころが、どこか重なって見えます。





投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。