不動産売買の法律・制度/ガイド:平野の私的不動産用語集

債権

「債権」についての用語解説です。住宅ローンを借りる場合には「債権」という用語に接することが多くなるため、その意味をしっかりと理解しておきましょう。(2017年改訂版、初出:2006年8月)

執筆者:平野 雅之


債 権

【さいけん】

人に対して金銭の支払いや物の引き渡しなどを求めることのできる権利が「債権」であり、それに対して支払いや引き渡しなどの義務を負うのが「債務」である。

住宅ローンなどを借りた場合に、金融機関を債権者(抵当権者)として抵当権の登記がされる。そのとき「債権額」として当初の借入額が記載され、返済が進んでも「債権額」の記載が変更されることはない。

しかし、返済の進行により現実には債権額が徐々に少なくなっていくのであり、実際に残っている債権額・債務額のことを「残債」ともいう。

ただし、変動金利による借入れの場合に金利上昇幅が大きいと、毎月きちんと規定の返済をしても利息増加分に追い付かず、「未払い利息」が発生することもある。このようなときには、債権額・債務額が毎月膨らみ続けることにもなりかねない。

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます