グランドキャニオンから約2時間。
コロラド川が大きく蛇行するホースシューベンド

広角レンズで撮影した場合のホーシューベンド

広角レンズで撮影した場合のホースシューベンド

ホースシューベンドは、グランドサークルにあるコロラド川が蛇行する様子が見えるポイントで、アンテロープキャニオンの最寄りページの町からハイウェイAZ-89を5分ほど南下したところにあります。グランドキャニオンからは、約2時間。

アンテロープキャニオンの近くにあるのに、案外、知られていないスポットで、アンテロープだけを訪れホースシューベンドを見ずに帰ってしまう人が多いですが、ホースシューベンドを侮ってはいけない!ここは、雄大なアメリカを象徴するような大迫力の風景があります。

パーキングに車を停めてからは、砂のトレイルを15分ほど歩きます。すると、眼下にコロラド川がホースシュー(馬の蹄鉄)の形に蛇行しているポイントに到着します。青い空と360度広がる赤い大地、そして大きく緑のコロラド川。こんな風景を見ることができるのは、広いグランドサークルの中でもここだけです。

コロラド川は元々濁流で、グランドキャニオンを削った川としても知られています。しかし、現在、東は、ホースシューベンドのすぐ東側のレイクパウエル、西は、グランドキャニオンを越えたレイクミードで塞き止められているため、流れは非常に緩やかです。

このホースシューベンド付近も、かつては激しい流れがあったため、やわらかい土の部分は削られ、固い部分だけが残り、現在のような形になりました。グランドサークルの他の場所は、広いけれど遠い風景が多いのですが、ここのとにかく大きくて近い!

iPhoneの標準レンズで撮影

iPhoneの標準レンズで撮影

ホースシューベンドは、一般的なデジカメのレンズでは全体を入れて写真を撮るのは難しいので、一眼レフの広角レンズがあると良いでしょう。iPhoneのレンズは比較的広角なので、ほぼ入ります。

砂漠のトレイルを歩くので、サンダルではなく、スニーカーやトレッキングシューズ必須です。冬はそれほどきつくありませんが、夏は気温が45度を超えるので、十分な水を用意するのを忘れずに。

<DATA>
Horseshoe Bend(ホースシューベンド)
料金:無料
時間:24時間オープン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。