日影規制

【にちえいきせい・ひかげきせい】

「日影(にちえい)による中高層の建築物の高さの制限」を略して、一般的には「日影規制」という用語が使われるが、略したときには「にちえい(きせい)」という読みよりも「ひかげ(きせい)」のほうが優勢なようである。

1976年の法改正により導入されたもので、一定の高さまたは階数以上の建築物が、その敷地の外に生じさせる日影の時間を制限する。

冬至日の「真太陽時」における午前8時から午後4時(北海道を除く)の間に、敷地境界から一定の範囲内で、地盤面から一定の高さの位置に生じる影の時間を計算する。

【関連記事】
建物の高さ制限、斜線制限のキホンを知る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。