スタイリッシュなトラベルアイテムストア

FLIGHT001原宿店

FLIGHT001原宿店

旅のグッズの新しい選択肢、FLIGHT 001がついに日本に上陸しました。

まずは基本的な情報からご紹介しましょう。FLIGHT 001は、エールフランス023便の機上で偶然出会った二人の男性の雑談をきっかけに生まれたトラベルコンセプトショップです。ジョン・センシオン氏とブラッド・ジョン氏。二人は飛行機の旅そのもののような合理的なトラベルストアについて語り合い、夢を夢で終わらせず、98年に実現させました。 

空の旅

1950~60年代の空の旅がモチーフのショップ

1号店のロケーションはニューヨーク。まだ空の旅が一部の富裕層のものであり「憧れの旅」だった1950~60年代をイメージし、快適でスタイリッシュな世界観を体験できる旅行グッズを取り揃えています。すでにアメリカの6店舗以外に、オーストラリアのシドニーに1店、アジアではシンガポールやマレーシア、フィリピン、タイ、台湾に進出し、世界に20店舗を展開していましたが、ついに日本にも初上陸したというわけです。

海外でFLIGHT 001を知り、早く日本にも出店しないかなと夢想していた人は多いのでは? 実は私もその一人。シンガポールのチャンギ空港内のFLIGHT 001で買い物を楽しむファンでした。

スーツケース

スーツケースも豊富に揃うFLIGHT 001

さて、日本でFLIGHT 001を運営しているのは、バッグとラゲージの総合メーカー・エース。単なるライセンス契約ではなく、商標権もすべて取得した上での提携です。クオリティの高いスーツケースをたくさん送り出してきたエースだけに、持ち前の技術力や企画力を生かした日本独自の商品が多いのも、ファンにとっては楽しみなところ。「プロモーションから商品企画に至るまで、FLIGHT 001の世界観を踏まえて、じっくり日本でブランドを育てていく計画です。日本で先行発売し、その後、アメリカやオーストラリア、台湾で発売される商品も多いんですよ」と話すのは、マーケティング部の山田絢音さん。

どんなラインナップなのか、わくわくしますね。次ページから見て行きましょう。

>>インテリアとしても使えるスーツケース!?