香港駐妻マダムご用達の陶器屋さん、粤東磁廠

枚数を多く購入すると値段交渉もうまく成立

チャイナテイストのものや子ども向きのデザインもあり、種類多数

通路が狭いので大きな荷物は外に置いた方がベター

入り口は2つあり、どちらかから入ってもOK

雑居ビルが建ち並ぶ工業団地の一角。一人で入るには少し勇気が要りますが「九龍湾工業中心」と書いてある建物がみつかったら中に入ってみましょう。業務用の殺風景なエレベーターで3階まで行くと、ドアの両サイドに陶器の箱が積みあがっているお店があります。ここが知る人のみぞ知る、香港在住駐在員マダムたちの間で大人気の陶器のお店。帰国する前には必ず訪れるところなのです。

狭い通路の両側に積みあがっている陶器の数々。大小さまざまな形のお皿やお茶碗などが埃まみれにあり、まるで宝探しをしているよう。数十種類のデザインの陶器が数百枚あるので、特に陶器好きでなくても大興奮! お値段がリーズナブルな分、ワケありのB級品が多いのでゆっくりと時間をかけて見て回りたいものです。交渉もできるので値段はあってないようなものですが、他で購入する6~7割くらいで買うことができます。もちろん多く買えばそれだけ割引率はアップ!

日本人マダムに人気なのはホテルのレストランで使われている食器。色が少しあせていたり、はみ出ていたりするので買う前によくチェックしましょう。欧米人マダムはチャイナ服や象がモチーフのアジアンテイストの食器がお好み。チャイナ服を着たタンタン(tintin)もあるんですよ。その場に欲しい分の数がなくても、好きなデザインがみつかったら、オーダーすることもできます。個人名や団体名、記念日などを入れることもできるので、お祝い用にオーダーする人も。発送も香港内(離島以外)だったらOK。セールスマネジャーのアニタさんが快く接客してくれます(広東語と英語)。

数人の職人さんで絵付けをしている

撮られ慣れている職人さんでも写真撮影するときは一声かけるのがマナー

ここは工房でもあるので、奥の方では絵付けをしている職人さんの姿もあります。1928年創業の歴史のあるお店。買い物をするだけでなく、鮮やかな色を使いこなし繊細な天女の目などを描いている職人技も必見です。


 

<DATA>
Yuet Tung China Works 粤東磁廠
住所:Units 1-3, 3rd floor, Kowloon Bay Industrial Centre,
15 Wang Hoi Rd, Kowloon Bay, Hong Kong
TEL:(852) 2796 1125
アクセス:MTR九龍湾(カオルーンベイ)出口Aから徒歩約10分。駅に連結している徳福広場、徳福花園を通り抜ける
営業時間:月~土 9:00~17:00
定休日:日曜日、祝日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。