Windows XPからWindows 8に乗り換えるには注意が必要

2014年4月のサポート終了に伴いセキュリティ対策が不完全になってしまうWindows XPから乗り換えを検討される方は多いと思います。
Windows XP画面

慣れ親しんだWindows XPの画面だが、もう寿命が近い。

しかし最新のWindows 8はWindows XPからVista、7と3世代も進んでいます。しかもタッチ操作にも対応した次世代のOSになっているため、乗り換えるにあたってそれなりの準備が必要になります。

そこでここでは乗り換えに当たっての必要な知識と準備を纏めました。ぜひこの記事を読んで、後悔の無い乗り換えをしてくださいね。

Windows 8とはどんなOS?

Windows XPは発表当時先進的で優れたOSでしたが、既に10年以上経過しています。それに対してWindows 8は一見似ているところもありますが、小型のタブレットからデスクトップのような昔ながらの形態のパソコンにまで対応できる全くの別物といっていいほどの進化を遂げています。
Windows 8undefinedスタート画面

Windows 8のスタート画面はXPから乗り換えする方は戸惑うはず。

例えばスタート画面。Windows XPのスタートボタンの中にあるメニューは、スタート画面という新しい初期画面に変更されました。従来の初期画面だったデスクトップはスタートから呼び出すアプリと同列に扱われているので、スタートとデスクトップの力関係が逆転したと考えればわかりやすいかもしれません。

タッチ操作にも適用できるよう、デスクトップ以外の部分は各種アイコンやボタンも大型化されています。小さな画面でも快適に操作ができるように、従来のウィンドウのように同時に画面上に出しておくのではなく、全画面表示を切り替えて使うように設計されています。そのため、それに対応した入力装置が必要になります。
画面取り外し

こんな使い方、Windows XPでは想像もつかない

この違いを知れば、移行の第一段階は完了です。