地方の高校生たちの青春とロックバンドの話

■作品名
ロックよ、静かに流れよ

■監督

長崎俊一

■出演
岡本健一、成田昭次、高橋一也、前田耕陽、あべ静江

■VHS発売元
東宝

■おすすめ理由
80年代の日本のミュージカル映画といえば、
ジャニーズ事務所のアイドル映画だと思います。

たのきん、シブがき隊、少年隊などありますが、
一押しは、男闘呼組の「ロックよ、静かに流れよ」です。
主演は男闘呼組の4人。監督長崎俊一。
DVD化はされていないようです。
実話をもとに同名の手記が原作で、青春物語で、ロックバンドのお話です。
ミュージカルとは違いますが、ふんだんにアイドルが
歌ったり演奏するシーンがあるので、これを選ばせていただきました。
当時、小学生だった私が、かなり泣きました。
つっぱり呼ばわりされた地方の高校生たちが、
ロックに青春をつぎ込み、しかし、目標であったコンサート目前に
メンバーの一人が交通事故死。
それでも、遺影とともに夢を実現していく少年たち。
「タッチ」的な、青春が描かれています。

当時、アイドルが楽器を演奏することが珍しく、
男闘呼組というグループと、作品がぴったり一致した奇跡的な映画だと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。