人間ドラマに重きを置いた黒澤映画

■作品名
影武者 (80)

■監督
黒澤明

■主演
仲代達矢、山崎努

■DVD/Blu-ray発売元
東宝

■おすすめの理由
この映画、製作前は黒澤明監督が『赤ひげ』(65)以来の時代劇を撮るということで大きな話題となりました。

戦国武将・武田信玄の影武者となった盗人(仲代達矢)が奇妙な才覚を発揮して敵も味方も欺いていく姿を描きます。

観客はダイナミックな合戦シーンを期待しましたが、黒澤監督は合戦シーンを正面からは描かず、人間ドラマの方に重きを置きました。

70歳を迎える黒澤監督に『七人の侍』(54)や『用心棒』(61)のような大活劇を望むこと自体が無理な相談だったのかもしれません。

監督自身はこの映画を、次回作となった『乱』(85)への序章、ステップと考えていたところもあったようです。

この映画は主演が勝新太郎から仲代に交代したほか、脚本の橋本忍、撮影の宮川一夫、音楽の佐藤勝が相次いで途中降板するという不幸に見舞われました。

また、主役以外の俳優をオーディションで選び、当時のハリウッドを席巻していたフランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが製作に協力し、カンヌ映画祭でグランプリを受賞するなど、映画本編以外のところで多くの話題を提供しました。

この映画は、時代劇でありながら、70年代末から80年代初頭にかけての映画界の状況や、関係者のそれぞれの立場を内包し、反映しているとも言えます。

映画は作られた際の時代を映す鏡であることがよく分かります。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。