思わず共感してしまう内容ばかりの4つの物語
『バカヤロー! 私、怒ってます』

■製作総指揮
森田芳光

■監督
渡辺えり子、中島哲也、原隆仁、堤幸彦

■主演
相楽晴子、安田成美、大地康雄、小林薫

■おすすめの理由
バブル絶頂で浮かれているように見える時代にも、人々にはそれなりに悩みがありました。小市民の怒りを見事に描いたオムニバス映画です。

「食べてどこがいけないの?」「遠くてフラれるなんて」「運転する身になれ!」「英語が何だ!」の四話。タイトルから何となく想像つくでしょうか。いたいたこんな奴、こういう立場わかるわぁと、思わず共感してしまう内容ばかりです。

観かえすと案外今の時代とも悩みがリンクしている事に驚きます。時代背景が変わっても人間自体は変わらない、という事でしょうか。当時を知らない今の若い世代の方が観たらどんな感想を持つのか興味深いです。リメイクしても良いのでは、なんて思います。

各話とも主人公がブチ切れ「バカヤロー」と叫ぶシーンは爽快です。感情をぶつけたことにより変化するプチその後もなかなか気が利いています。それぞれに監督が違うので、演出の違いも楽しめます。





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。