本質を誰からも理解されない、天才故の孤独感を抱くモーツアルト

■作品名
アマデウス(84)

■監督
ミロス・フォアマン

■主演
F・マーレイ・エイブラハム

■DVD/Blu-ray発売元
ワーナー・ホーム・ビデオ

おすすめの理由
この映画は、大作曲家モーツアルト(トム・ハルス)の後半生を、同時代の音楽家サリエリ(F・マーレイ・エイブラハム)の目を通して、フィクションを織り交ぜながら描きます。

ピーター・シェーファーの戯曲を基に、ミロシュ・フォアマンが監督しました。

映画の主な舞台となるのはウィーンですが、ほとんどの撮影はフォアマン監督の故郷であるチェコのプラハで行われました。

この映画のモーツアルトは、演じたハルスのケタケタ笑いに象徴されるように、変人として描かれています。

彼の本質は誰からも理解されず天才故の孤独感を抱いています。
その姿はまるで現代のポップスターのようでもあります。

一方のサリエリは常識人。
モーツアルトの才能の豊かさを見抜き、彼に憧れますが、同時にその才能を憎みます。

天才と凡人との対比が見事に描かれます。

そして多くの人々は自分と同じ凡人であるサリエリに共感を抱くのです。

演じたエイブラハムはアカデミー賞の主演賞を受賞しました。

劇中には「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「フィガロの結婚」「ドン・ジョバンニ」「魔笛」「レクイエム」などモーツアルトが作曲したさまざまな曲がふんだんに登場します。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。