80年代の良き時代を楽しめるミュージカル・ファンタジー映画

■作品名
Xanadu(ザナドゥ)(1980年)

■監督
ロバート・グリーンウォルド

■主演
オリビア・ニュートン=ジョン

■DVD販売元

ジェネオン・ユニバーサル

■おすすめの理由
「ザナドゥ」は1980年に公開されたミュージカル・ファンタジー映画です。
音楽の殿堂“クラブザナドゥ”をつくることを夢見る老人と青年と彼らに力を貸すミューズのふれあいを通じて、40年代のスウィング・ジャズと現代のロックの融合を描いています。
公開当時、映画としては酷評され、興業も芳しくなかったのですが、2007年にブロードウェイミュージカルとして上演された時は、絶賛され、ロングラン上演されています。

映画と劇場版に共通するのは音楽です。この映画の素晴らしさは音楽にあると思います。主演も務めた当時人気絶頂のオリビア・ニュートン・ジョンが歌い、エレクトリック・ライト・オーケストラが作った音楽は素晴らしいの一言。オリビア・ニュートン・ジョンが歌うタイトル曲「Xanadu」やELOが手がけるスペイシーな曲の数々はいま聴いても色あせることがありません。私もサントラを愛聴しています。

作品としても、今見るとローラースケートを履いて踊るダンスシーンもちょっと懐かしさを感じるファッションもとてもかわいい。80年代の良き時代を楽しめる作品だと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。