ダンサー志望のアレックスを描いた青春映画

■作品名
フラッシュダンス

■監督
エイドリアン・ライン

■主演
ジェニファー・ビールス

■DVD販売元
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

ダンスシーンの楽しさ

ダンスが題材の映画ですので、随所にダンスシーンがちりばめられています。また、劇中で使われる音楽も、メインテーマである「フラッシュダンス……ホワット・ア・フィーリング」はアイリーン・キャラが、「ロミオ」はドナ・サマーが歌うなど、実力派歌手の歌声をたっぷりと聴くことができます。

人生経験は全て糧となるというメッセージ

主人公のアレックスは、ダンサー養成所のオーディションを受けるシーンで独創的なダンスを踊ります。これは、アレックスが住むピッツバーグのストリートで踊られているブレイクダンスや、アレックス自身がキャバレーで踊ってきたセクシーな振り付けを取り入れたものでした。

アレックス自身が、これまで見てきた・踊ってきたダンスが、きっちりとアレックスの糧になっているという点に、励まされます。「どんな経験も、決して無駄になることはない」というメッセージを感じ取ることができますね。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。