過酷なフリーダイビングの世界を詩情豊かに描いた作品

■作品名
グランブルー・完全版 (1988年)

■監督

リュック・ベッソン

■出演
ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ、ロザンナ・アークエット

■DVD/Blu-ray発売元
角川書店

■おすすめ理由

記録更新に命懸けで臨む2人のダイバー、ジャックとエンゾ。
そしてジャックの恋人ジョアンナの姿を通して
過酷なフリーダイビングの世界を詩情豊かに描いた作品です。

脚本、監督のリュックベッソンは自身も元ダイバーで
イルカの研究者になりたかったと言う経歴の持ち主だけあって
この作品に対する並々ならぬ思い入れが伝わって来ます。

ジャックは(伝説的なフリーダイバージャックマイオールがモデル)
性格は純真無垢、寡黙で孤独、イルカと心を通わす事が出来る。

肉体も心も常人を超越したような男ですが、
この人物設定にはリュックベッソンと自身とその理想とする姿が
多分に投影されているような気がします。

エンゾは(フリーダイビングのパイオニア、エンゾ・マイオルカがモデル)
性格はジャックとは正反対、誰に対しても自信家で尊大、陽気で豪快、
ガキ大将がそのまま大人になったような男

この映画を観た後にモデルとなったエンゾ・マイオルカは
「ジャックの事を美化し過ぎで、オレの事を悪者扱いしている」と
不満を口にしたそうですがとんでもないです!
この映画で描かれているエンゾの何と魅力的な事か!
俗っぽく人間臭さ満載のエンゾ、笑えるシーンは全てエンゾ絡みです。
主役が、曲者の脇役に喰われる映画はよくありますが
エンゾの人物像とドラえもんまで演じてしまう芸達者なジャン・レノが
居たからこそこの作品が成立しているのです。

そして、
素晴らしい映像、音楽もご堪能下さい。
冒頭の意表を突いたモノクロの映像、バックに流れる雄大な音楽は
まるで良質のヒーリングビデオを観ているようです。
カラーになってからの美しさは言うまでもありません。

最後に、映画ではジャックはギリシャの島で素潜りを会得したように描かれますが、
実際のジャックマイオールが幼い頃に素潜りを覚えたのは
何と佐賀県の唐津だそうです!びっくり!!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。