道は違えど己の信じる道を貫き通した男たちの物語

■作品名
ライトスタッフ (84)

■監督
フィリップ・カウフマン

■主演
サム・シェパード、スコット・グレン

■DVD/Blu-ray発売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由

米ソの“宇宙開拓戦争”を背景に、アメリカの宇宙航空史の序章を描きます。

原作は、トム・ウルフの同名記録小説。
タイトルの「ライトスタッフ」とは「正しい資質」を表わします。

この映画は、表向きは7人の宇宙飛行士候補生が体験する過酷な訓練、葛藤、友情、挫折と栄光、そして彼らの家族の姿を描いた群像劇です。

ところが真の主役は、彼らの活躍を横目で見ながらテストパイロットとして“最速”に挑戦し続けた孤高の男チャック・イェーガー(サム・シェパード)なのです。

監督のフィリップ・カウフマンは、イェーガーと7人の夢や生きざまの違いを対照的に描きながら、道は違えど己の信じる道を貫き通した男たちの物語として昇華させました。

イェーガー役のシェパードを筆頭に、後にスターとなったスコット・グレン、フレッド・ウォード、エド・ハリス、デニス・クエイド、ランス・ヘンリクセン、ジェフ・ゴールドブラムらが出演しているのも見どころです。

また、製作アーウィン・ウィンクラー&ロバート・チャートフ、音楽ビル・コンティという布陣は『ロッキー』(77)と同じスタッフ。

題材は違いますが、どちらもアメリカンドリーム讃歌を描いたという点で共通します。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。