それぞれの作風が面白い、三種三様の物語

■作品名
ニューヨーク・ストーリー

■監督
マーティン・スコセッシ、フランシス・コッポラ、ウッディ・アレン

■DVD販売元

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

■おすすめ理由

マーティンスコセッシ、フランシスフォードコッポラ、ウッディアレン
という巨匠がそれぞれのニューヨークを描くオムニバス。
三種三様の物語は、それぞれの監督の作風が解る人には
より興味深く面白いでしょう。


まず1話目はマーティンスコセッシ

個展を控えた中年の売れっ子画家が奔放な若い恋人の行動に振り回され
嫉妬に狂って取り乱す姿とその顛末を彼らしい乾いたタッチで描く。

■出演
ニック・ノルティ、ロザンナ・アークエット


2話目はコッポラ

共に著名な芸術家という両親を持つ12歳の少女ゾイは、
一流ホテルで暮らし、富裕層専用の学校へ通うという子供ながらのセレブ。
父が某国の王妃との浮気を疑われ窮地に立たされている事を知り、
救おうと一計を案じる……
ニューヨークのセレブの世界を垣間見る事が出来る作品。
ゴッドファーザーのシーンを彷彿とさせる
豪華なパーティーシーンなどもコッポラらしいゴージャスな1篇

■出演
ヘザー・マーコム、ジャンカルロ・ジャンニーニ、タリア・シャイア


第3話はウッデイアレン

ニューヨークを描く!と云ったら1番に浮かぶのは
ウッデイアレンではないでしょうか?
30分の中にこれぞウッデイアレンというエッセンスを
ギュっと詰め込んでいて流石です。
中年になっても口うるさく構ってくる母親、邪魔に思っていたらある日行方不明に。
開放感に浸っていると空中に出現した母が今度は空から口うるさく監視し始め……
という奇想天外なストーリー

■出演
ウッディアレン、ミア・ファロー、メイ・クエステル


コッポラは脚本に娘のソフィアコッポラを、
母親役には従妹のタリアシャイアを使うなどいつもながらの身内びいき!
ソフィアはこの後、『バージン・スーサイズ』で監督デビューしますが
どちらも十代の女の子が主役のガーリーな作品。
もしかするとこの映画に関わった事が何かヒントになったのかも知れません。

身内びいきという点ではアレンも負けていません!
当時恋人だったミア・ファーローを出演させています。
アレンはお得意のジャズを、
スコセッシも『青い影』などの懐かしい曲が効果的。

短時間で描ききれない部分は名曲が補ってくれます。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。