住民票除票

【じゅうみんひょうじょひょう】

同じ区市町村内で引っ越したときには住民票の記載住所が変わるだけだが、他の区市町村へ引っ越したときには従前の区市町村の住民票に転出先の住所が記載されて「除票」となる。

これは5年間(区市町村によってはそれ以上)保存されるため、除票の写しの交付を受けることができ、居住用財産を譲渡したことの証明として使われる場合もある。

以前に登記をしたままで住所変更の登記申請手続きをしていなかった不動産があった場合、それを譲渡するときには現時点の印鑑証明書に記載された住所とのつながりを公的書類によって明らかにする必要がある。

このとき同一区市町村内の住所移転であれば住民票の記載で足りる場合が多く、それ以外の場合でも他の区市町村への転出から5年以内であれば、住民票除票に記載された転出先住所によって証明ができる。

住民票除票によって住所のつながりが明らかにできないケースでは「戸籍の附票」で対応することになる。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。