赤ちゃん目線のセリフが笑えるコメディ映画

■作品名
ベイビートーク (1989)

■監督

エイミー・ヘッカリング

■主演
ジョン・トラヴォルタ、カースティ・アレイ

■DVD販売元

ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント

■おすすめの理由
天真爛漫で無垢そのものの赤ちゃんが、実は精子の段階から大人達の会話をすっかり聞いていて、自分の意思を持っている……そんな奇想天外な発想のお話です。

実は、赤ちゃんの声をブルース・ウィリスがやっているのも面白いとことです。

■あらすじ
不倫相手の会社社長の子供ができた公認会計士のモリー(カースティ・アレイ)。

妻とも離婚せず、若い女性とも付き合っている社長に愛想を尽かし、一人で出産することに。

陣痛が始まった時に、交通渋滞に巻き込まれタクシー運転手(ジョン・トラヴォルタ)の助けを借りなんとか出産。

その後、ジェームスにベビーシッターを頼み、赤ちゃんにふさわしい父親探しをするモリーだが、一向にいい相手には巡り会えず。

赤ちゃんもジェームスになつき、いつしかモリーも惹かれるようになった時に、自分勝手な社長が赤ちゃん見たさにモリーのアパートに来て、事情を知らないジェームスと大げんかになり……。


とにかく、可愛い赤ちゃんの「心の声」がブルース・ウィリスのおっさん声というだけでも面白い。

無邪気な笑顔で、ホントは赤ちゃんでこんなこと思ってるのかもね~と感じさせるような、赤ちゃん目線のシャレたセリフは、爆笑です。

また、運転手役のジョン・トラボルタがベビーシッターを請け負う……というストーリーも面白いのですが、ダンスをしながら子守りをしたりと、親ばかぶりを発揮するのが、実にチャーミングです。

サタデー・ナイトフィーバーで一躍メジャーになったジョン・トラボルタですが、グリース以降は作品に恵まれずという時期が続き、この映画の大ヒットによって復活したのは、ファンとしてもうれしいところでした。

実に楽しいひと時を過ごすことができる映画だと思います。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。