違約金

【いやくきん】

契約に違反した者が相手方に支払う金銭。不動産の売買契約ではあらかじめ違約金の金額(売買金額に対する割合)を定めておくことが多い。

一般の取引で債務不履行などがあった場合には、相手方が被った損害額を賠償しなければならないが、そのためには実際の損害額を立証することが必要である。しかし、契約によって違約金の金額を定めたときは「賠償額の予定」とされ、損害額を立証することなく、違約罰としての金銭を授受することができる。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。