2本立て映画のうちのおまけ扱いだった作品

■作品名
ダイ・ハード

■監督
ジョン・マクティアナン

■主演
ブルース・ウィリス 

DVD/Blu-ray発売元
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

■おすすめの理由

1988年に公開された『ダイ・ハード』がおすすめです。

ダイ・ハードというタイトル(不死身、なかなか死なない者etc)どおり
最後まで手に汗握るアクションシーンの連続。
ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンが、
ナカトミ商事ビルに突然乱入してきたテロリストグループを相手に
1人で立ち向かっていくストーリーで、
ブルース・ウィリスの出世作といえる作品です。

実はこの映画が日本で公開されたときは
今ではほぼなくなった2本立て映画のうちの1本。
ジャッキー・チェン主演の『九龍の眼/クーロンズ・アイ』がメインで
『ダイ・ハード』はおまけ扱いのものでした。

友人と観終わったあとに
「おまけのほうが面白かったよね~」と話したことを覚えています。

4つの続編がありますが、
やはりこのシリーズ最初の作品が一番面白いですよ。

■おまけ情報
マクレーン刑事と最後まで死闘を演じる
テロリストグループの冷徹なリーダー、ハンス・グル―バー役は
ハリーポッターでスネイプ先生を演じるアラン・リックマンです。
スネイプ先生とは違った悪役ぶりを観るのもまた楽しいかと思います。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。