肌身離さずもっていれば魔除けにも

 

 

江戸時代中期の宝暦年間から250年にわたり寺町通で各宗派御用達の数珠を商い続けるのが
「小野数珠店」です。

店内には、寺院御用達の証明として各寺院から贈られた木製の大きな看板がたくさん飾られて
いますが、古い年月のため黒ずんで判読不可能なものもあり、同店の歴史の重みを感じさせます。

数珠というと、お葬式や法事などで用いるものと思われがちですが、「念珠」とも呼ばれるように、心に念ずる珠という意味もあるようです。

 

 

日々、心を込めて念じ、仏様と心を通い合わせるための道具として、
数珠には気がこもり除災招福の力があるとされています。

そのため、肌身離さずもっていれば、魔除けになるともいいます。事故にあい、九死に一生を得た人がバックの中を改めると、入れておいた数珠がバラバラになっていたという話もあるそうです。

「小野数珠店」では、自分の好みの石での数珠のオーダーも受けてくれます。
また、腕輪数珠もありますので気軽に訪ねてみましょう。


■小野数珠店(オノジュズテン)
住所:京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下る円福寺前町272
電話番号:075-221-2608
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。