嵐山・嵯峨野の紅葉おすすめスポット5選

見所の多い京都観光の中でも、特に人気が高いのが嵐山・嵯峨野エリア。この辺りは、古くから貴族や文人たちが都を逃れ「わび住まい」をした風流の地だけに、周囲の山々が紅葉に染まる晩秋ともなれば、その風情もひとしおです。
紅葉と屋形船(嵐山)

紅葉と屋形船(嵐山)


今回は、秋に訪れたい嵐山・嵯峨野エリアのおすすめスポット5選をめぐる散歩を楽しみましょう。なお、京都の紅葉は、例年、多くの場所で11月中旬頃から見頃をむかえます。

嵐山のシンボル「渡月橋」

京都市街地から嵐山・嵯峨野へ向かうには、JR山陰本線、阪急、京福(嵐電)の3路線が利用可能ですが、今回は「嵐電」で向かうことにします。
路面電車区間を走る「嵐電」

路面電車区間を走る「嵐電」


嵐電は、沿線に著名な観光名所が多く、一部区間は路面電車として走るなど車窓風景も楽しい、京都観光に欠かせない電車です。

終点の「嵐山」駅を下りたら、まずは、嵐山のシンボル「渡月橋」に向かいましょう。渡月橋までは、駅から200mほどです。

"月が渡る橋"という、いかにも風流な名前は、鎌倉時代に、橋の上の空を移動していく月を見た亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と例えたことから命名されたと伝わります。
嵐山のシンボル「渡月橋」と紅葉

嵐山のシンボル「渡月橋」と紅葉


ちなみに、「嵐山」という地名については、その由来には諸説あるようですが、「紅葉が風に舞い散る様子が嵐のようだから」ともいわれています。

古(いにしえ)の風流人たちも愛した、紅葉が嵐のように舞い散る、その美しくもはかない情景をいつまでも眺めていたいものです。

<DATA>
■渡月橋
アクセス:嵐電「嵐山」駅下車、徒歩約3分
地図 → 京都観光Navi

絶景と紅葉が楽しめる「大河内山荘」

渡月橋から、いったん嵐電の「嵐山」駅まで戻り、天龍寺の境内に沿うようにして歩いて行くと、いつしか京都を代表する風景のひとつ"嵯峨野の竹林の道"を歩いているのに気付くでしょう。
嵯峨野の竹林の道

嵯峨野の竹林の道


道の途中には、『源氏物語』にも登場し、縁結びのご利益で知られる「野宮神社」があります。

野宮神社から300mほどで、道の突き当たりを右に曲がると、昭和初期の時代劇スター、大河内 傳次郎(おおこうち でんじろう 1898~1962)の別荘跡「大河内山荘」の門があります。
「大河内山荘」庭園からの眺望

「大河内山荘」庭園からの眺望


この山荘の見所は、傳次郎が64歳で亡くなるまで約30年もの歳月をかけて、こつこつと造営したという回遊式庭園。庭園の高台からは、紅葉した木々の向こうに、比叡山、大文字山、衣笠山など、京都盆地を囲む山々を一望する絶景が広がります。

山荘の入場料には、抹茶・お菓子代も含まれているので、秋深まるお庭の風情を楽しみながら、抹茶をゆったりいただき、しばし休憩しましょう。

<DATA>
■大河内山荘
住所:右京区嵯峨小倉山田淵山町8
アクセス:嵐電「嵐山」駅下車、徒歩約15分
地図 → 京都観光Navi

次のページでは、洛西エリア随一の紅葉の名所や、紅葉の穴場を紹介します