私のスピード出産体験談

第1子の出産のとき、陣痛自体が初めての経験だったので、それと気づかずに、強い痛みが来た時にはすでに子宮口が9cm開いている状態でした。
妊娠8か月で子宮口が2cm開いていて、おなかの張りがきていてもわからなかった事もあり、予定日の1週間前から入院させて頂きました。
初産で分娩所要時間は4時間でした。

第2子の時も1週間前には入院しました。
病室で大量に破水をしてしまい、そのまま陣痛室へ。すぐに陣痛がつき、いきなり5分間隔になりました。2時間程で1~2分間隔の強い陣痛になり、分娩台にあがるのと同時に赤ちゃんの頭が出てきてしまい、助産師さんも驚くほどのスピード出産でした。
分娩所要時間は3時間でした。

第3子の時は、予定日より10日程早かったので、自宅から病院に向かいました。
朝の4時頃、一瞬下腹部に違和感を感じて目が覚めました。
病院に連絡したところ、陣痛でなくても良いのですぐに来てくださいと言われ、すぐに走りました。
自宅から病院までは車で30分。丁度半分ほど走ったところで弱い陣痛がきて、病院に到着した時には3~5分間隔に。すぐに分娩台にあがりました。
あまりにも早く分娩が進んでしまった為、赤ちゃんの心音が下がってしまい、助産師さんの機転で、人工的に破水をさせました。私はいきみが来ないままいきみ、30分後に生まれました。
赤ちゃんは仮死状態で生まれ、私自身も、産んだという実感がわかなかったです。
分娩所要時間は1時間のスピード出産でした。

偶然にも第2子と第3子の時に同じ助産師さんで、ベテランな方だったので、安心して臨めました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。