第37条による書面

【だいさんじゅうななじょうによるしょめん】

宅地建物取引業法第37条により、宅地建物取引業者は売買の当事者などに対し、一定の事項を記載した書面を交付することが義務付けられている。

ただし、第37条に規定する事項を網羅した売買契約書であれば「第37条の書面に代えることができる」ものとされており、実際には売買契約書のみを作成して、第37条による書面は作成しないことが一般的。

>> 重要事項説明書

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。