ワイキキエリアの無料Wi-Fiスポット

カラカウア通り沿いにも無料のWi-Fiスポットがある

カラカウア通り沿いにも無料のWi-Fiスポットがある

ワイキキエリアにも無料のWi-Fi接続スポットが点在しています。メインストリートのカラカウア通りでは、Tギャラリア ハワイ by DFSインターナショナル・マーケットプレイス、ロイヤル・ハワイアン・センター1階アップルストア、そして、ターバックス・コーヒーマクドナルドなど。ロイヤル・ハワイアン・センターの2・3階では、1日2時間まで無料で利用可能(朝7時~深夜0時間)。どちらもパスワードの入力なしで利用できるお手軽スポットです。

クレジットカードラウンジでも無料Wi-Fiサービス

カード会社のラウンジが集まるTギャラリア ハワイ by DFS

カード会社のラウンジが集まるTギャラリア ハワイ by DFS

ワイキキにあるクレジットカード会社のラウンジでも無料のWi-Fiサービスを行っています。JCBカードは、JCBプラザ ラウンジ・ホノルル(ワイキキ・ビジネス・プラザ内)。楽天カードは、楽天カードラウンジ(Tギャラリア ハワイ by DFS内)。ほかに、セゾン、オリコ、三井住友、エポス、JCBなど数社共通で利用できる「オハナラウンジ」がTギャラリア ハワイ by DFSの2階にあります。ドリンクや日本語新聞閲覧などのサービスもあるので、覚えておくと便利です。

アラモアナセンターの無料Wi-Fiスポット

アラモアナセンター内の各デパートでも無料Wi-Fiサービスを行っている

アラモアナセンター内の各デパートでも無料Wi-Fiサービスを行っている

ホノルル滞在中に必ず訪れるアラモアナセンター。こちらでは、全域で無料Wi-Fiが利用可能です。アクセスポイントは「AlaMoanaCenter-Free」。LINEを使って、センター内での待ち合わせ場所や時間をやりとりするのに大変便利になりました。 

ダニエル・K・イノウエ国際空港のWi-Fi事情

無料Wi-Fiサービスをスタートさせるダニエル・K・イノウエ国際空港

無料Wi-Fiサービスをスタートさせるダニエル・K・イノウエ国際空港

これまで空港内の無料Wi-Fiサービスは、帰国時の出国審査後に利用できる航空会社やクレジットカード会社の専用ラウンジのみでしたが、2017年12月から国際線ターミナルを含む一部エリアで無料Wi-Fiサービスをスタート。2018年初春には、空港全域でサービスが行われる予定です。

<関連リンク>
Free Wi-Fi offered at the Daniel K. Inouye International Airport(ハワイ州政府ウェブサイト Wi-Fiエリアマップ付き)

行動派には、Wi-Fiルーターのレンタルがおすすめ

慣れないバス移動もWi-FiルーターとGoogleマップをナビにすれば安心

慣れないバス移動もWi-FiルーターとGoogleマップをナビにすれば安心

ニュースのチェックや国際電話代わりのLINE利用、そして、ハワイ情報の検索はホテルの部屋でまとめて……といった利用頻度であれば、滞在ホテルのWi-Fiサービスと街なかの無料サービスだけでも十分でしょう。

日本語の音声と表示でドライブナビをして、車線案内もしてくれるGoogleマップ

日本語の音声と表示でドライブナビ。車線案内もしてくれるGoogleマップ

家族やグループで別行動中に連絡を取り合ったり、待ち合わせを決めたりという場合は、ルーターがあった方がスピーディでストレスなく行動できます。さらに、ルーターがあれば「Googleマップ」が徒歩、ザ・バス、レンタカーのナビ代わりとして大活躍。ザ・バスの停留所接近情報や降車停留所までの停留所数などもわかります。また、史跡・名所を訪ねた際も、その場でスポット情報をウェブ検索できてガイド代わりに。買い物中に欲しい商品の日本価格を知りたい時だって、即チェックできますね。

ホノルルを自由に、アクティブに歩き回りたい人には、ルーターのレンタルをおすすめします。日本の空港で受け取り・返却、または、ダニエル・K・イノウエ国際空港で受け取り・返却できるルーターがあるので検索を。料金は、通常プランで1日500円前後、大容量プランで1日700円前後が目安です。
保存
Save
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。