激的な変化を遂げたバリの通信事情

バリのネットショップ

薄暗いインターネットショップでメールを打つのが寂しくもあった14年前

私がバリ島に移住してきた1999年当時、一般家庭には電話もなく、電話をかけるならワルテル(Wartel )という公共の電話屋へいくような状況でした。携帯電話なんて高価なもの、持っている人も少なかったと思います。家にパソコンがない場合も多く、皆インターネットショップを利用していまいた。

2013年現在、バリ島でもスマートフォンが発売されるようになって急激にネット環境が進化してきたのを実感しています。ホテルはもちろんのこと、町中のレストランや地方のワルン(屋台)などでも当たり前の時代になってきました。

日本と比べたら、まだまだストレスを感じる速度だと思いますが、10年前のバリ島から比べると激変の中にあるバリ島の通信環境です。

 

旅行者がネットに接続するには

スマホ

パスワードを入力するだけでネット接続が始まるWi-Fi

現在のバリ島は、日本よりも無線LAN(Wi-Fi)の環境は整っています。速度の遅さは別として、ホテル内、町中のレストランやカフェ、コンビニなどでも無料Wi-Fiサービスは当たり前。

 
■ホテル内でのWi-Fi接続
ホテルのビジネスルーム

ホテルに設置されたビジネスルームを上手に利用する

ホテルによって、ラウンジは無料接続ですが、客室からは課金されるところがあります。事前に宿泊先に確認すると良いでしょう。五つ星のホテルやヴィラなら客室も無料接続のところが増えています。Wi-Fi環境さえ整っていれば、パスワードを教わり入力するだけですぐにネット利用が可能です。

スマートフォンやパソコンを持ってこなかった場合、ホテルのビジネスセンターなどに、宿泊ゲストのために無料、もしくは有料でネットが使えるパソコンを用意していることがあります。ただし、日本人宿泊客が少ないホテルでは、英語環境のみの場合もあるのでご注意を。

 

■町中でのWi-Fi接続
ど田舎のワルンでも無料Wi-Fiが可能!

ど田舎のワルンでも無料Wi-Fiが可能!

バリ島の町中にはレストランやカフェ、コンビニ、ファーストフード店など、無料でWi-Fi接続の出来るスポットがたくさんあります。地方のローカルワルンでも無料Wi-Fi接続が出来るところもあるので、それだけバリ島の人々にも必要とされているということですね。

■無料Wi-Fi接続をするには?
基本的にパスワードが設定されてはいますが、聞けばすぐに教えてくれます。メニューやテーブルの上のボードに書かれていることもありますし、無料Wi-Fiの案内がなくてもスタッフに尋ねると、実はWi-Fiサービスがあってパスワードを教えてくれる場合もあります。

バリ島のネット速度はどのくらい?

普段、動画等もストレスなく見ている日本人にとっては、バリ島のネット速度はかなり遅く感じられると思います。無料Wi-Fiなどはアクセスポイントの持ち主がどのくらいの容量を契約しているかにもよりますが、ユーザーの数が増えれば、それだけ使用するデータ量も分けられるので、俄然速度が落ちます。さらに、停電など予期せぬことも数多くあり、保証している速度が必ずしも確約は出来ないということもあるよう……。

すべてのヴィラでWi-Fi接続ができるという、ウブド渓谷の五つ星の高級リゾートに実際に泊まって試してみたところ、時間帯によってはメールやSMSは出来てもフェイスブックの回覧も出来ないというようなこともありました。やはりバリ島なので、速度は不安定なんだと思いました。

 

ハードユーザーはルーターを

ルーター

ヘビーユーザーはルーターをレンタル

気軽にどこでも無料Wi-Fi接続が出来るバリ島ですが、いつでもどこでもネット環境を確保したい場合は、日本でWi-Fiルーターをレンタルするといいでしょう。ルーターとは、わずか200グラム前後の持ち歩き可能な機器で、スマートフォンや、パソコンなどをインターネットに接続するためのツールです。1台のWi-Fiルーターで複数のスマートフォン、パソコンなどに繋げるので、同時にお友達やカップルで共有することも可能です。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。