外傷性肩関節脱臼とは

「外傷性肩関節脱臼(がいしょうせいかたかんせつだっきゅう)」とは難しい病名ですが、外傷が原因で肩関節の脱臼(だっきゅう)が発生する病態です。

脱臼

脱臼した左肩が変形します。反対の手で脱臼した腕を支えます。



外傷性肩関節脱臼の症状

脱臼した患者さんは、脱臼したほうの手や腕を反対の手で支えて受診します。肩関節の丸みが消失し平坦化します。時間が経過すると、肩関節の腫脹と皮下出血が発生します。


外傷性肩関節脱臼の原因

転倒、転落、スポーツ、交通事故などで肩関節が外転したり、外旋した状態で起こります。

外傷性肩関節の分類

●前方脱臼
上腕骨が前方に移動する脱臼。外傷性肩関節脱臼の95%以上を占めます。

●後方脱臼
上腕骨が後方に移動する脱臼。外傷性肩関節脱臼の5%以下の珍しい脱臼です。

外傷性肩関節脱臼の診断

●単純X線(レントゲン)

X線

       肩関節単純X線像。上腕骨が前方向に脱臼しています。



単純X線写真は放射線被爆量も少なく、費用もわずか。その場で撮影も終了し当日説明をうけられるので、整形外科では必ず施行します。

●MRI
MRIは磁気を使用して人体の断面写真を作成する医療用機器です。被爆がないのが最大の特徴です。欠点は費用が約1万円程度と高額な点、狭い部屋に15分間ほど閉じ込められて、騒音が強いことです。脳外科の術後で体内に金属が残っている人、心臓ペースメーカー装着の人、閉所恐怖症の人などではMRI検査が無理なので、CT検査を行います。CT検査の費用は5000円程度で、MRIより安くなりますが、被爆があります。骨以外の損傷を調べるにはMRIないしCTが必要となります。


外傷性肩関節脱臼の治療

●徒手整復法(医師が手で脱臼を直す手技)

■ヒポクラテス法
患者の脇の下に整復を行う医師が足を入れ、患者の腕を下に引く整復法。

整復

              足を利用して脱臼を整復します。


■ミルチ法
脱臼した上腕骨頭を押さえながら患者の上腕を外転し、挙上位になった時に上腕骨頭を上方に押します。

■スティムソン法
うつぶせにベッドに寝た状態で、脱臼した上腕を台の外側にたらし、8kg程度の重りを手首に吊り下げ、10分から15分ほど放置します。整復されないときは、患者の腕を内旋、外旋させます。

整復

         手に重りを下げて自然に整復されるのを待ちます。



通常は外来で麻酔なしに施行しますが、時として入院および全身麻酔が必要となります。

整復後

整復後の肩関節X線像。上腕骨と肩甲骨が正しい位置にもどっています。



●鎮痛薬
ボルタレン、ロキソニンなど非ステロイド消炎鎮痛薬を使用します。

問題点は長期の服薬で胃腸症状、腎機能低下が高率に発生しますので、急性期を過ぎたら主治医と相談し、減量ないし休薬を考えましょう。

外傷性肩関節の合併症

●反復性肩関節脱臼
1回外傷性脱臼を起こした後に、脱臼を繰り返すことを反復性脱臼と呼びます。若い人で脱臼を経験すると、反復性になりやすいことが知られています。

●内視鏡下肩関節修復術
反復性肩関節脱臼に対しては、脱臼で損傷した関節唇、靭帯、骨組織などを修復する必要があります。通常は内視鏡下に手術が行われます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項