短期プログラムから始める留学
10代の一時期を海外で過ごすことは、語学力だけでなく、国際感覚や柔軟性、自立の精神が身につき、その後の人生に与える影響も大きいはずです
最近は留学の低年齢化が進み、高校留学どころか中学校や小学校から長期留学を考えている人が増えているような気がします。でも、まだ10代前半という年齢で親元離れた海外に留学する・させるのは不安もありますよね。そんな方はまず短期留学から始めてはどうでしょうか?

短期留学って何?

短期留学は夏、冬、春などの学校の休みを利用して、1週間~1ヶ月程度、海外に留学をするプログラムです。長期留学をする前の準備としてだけでなく、中学や高校時代に海外の生活を経験したり、異文化体験をしてみたい方にもお薦めです。

短期留学は休暇期間中のプログラムなので、語学研修だけでなく様々なアクティビティに参加できる楽しいプログラムが多いのが特徴です。また、それ以外に、海外の学校で授業を受けるための準備コースなどや、ホームステイやファームステイなど、現地の家族との生活やコミュニケーションを主な目的にしたプログラムもあります。

短期プログラムから始める留学
短期間、親元離れた生活を体験!
短期留学に参加するメリットはなんでしょうか?それは、次のようなポイントになります。

海外を生で体験できる

例えば、長期留学を考え始めたとしても、一人で海外に行った経験がなければ、留学のイメージがつきにくいのが現実です。どこの国であっても、また、どんなに短い期間でも、一度海外に出た経験があると自信がつくだけでなく、「海外での生活」に対するイメージができます。

親元を離れた生活を経験できる

海外留学をするということは、親元を離れて生活をするということです。それはただ単に海外で生活をするということではなく、自分のことを守ってくれる存在が身近にいないということでもあります。もちろん、学校の先生やホストファミリーなどはいつでも助けれくれますが、それでも親ではありません。短期留学はそんな親元離れた生活ができる良い経験になります。

英語に触れることができる

海外留学をしても、(英語圏であれば)英語ばかりの生活でやっていけるんだろうか?そんな不安があると思います。短期留学は参加者の英語力に応じたプログラムに参加できるので、比較的気軽に参加できます。参加してみたら、意外とやっていける!なんて思うかもしれません。

世界中から集まる様々な友達に会える

留学の良さは、日本で生活していたら会えない様々な国の友達と出会うことができることです。そんな友達と話すことで、自分の将来を考えるきっかけになったりすることがあると思います。短期留学はプログラムの内容によっても異なりますが、現地の学校で現地の生徒達と一緒に参加するものや、世界中から同世代の生徒達が集まってくるものなどもあるため、彼らと話すことで様々な異なる考えに触れ、自分の将来を考える良いきっかけになるのではないでしょうか。

短期プログラムから始める留学
短期間のホームステイを体験してみる!
短期留学プログラムには次のようなパターンがあります。

語学研修+アクティビティ

現地の高校や語学学校で語学研修をしながら、午後や週末は様々なアクティビティや小旅行に参加するというものです。楽しみながら海外生活を体験でき、語学力が向上するもののとして最も一般的なプログラムがこちらです。

語学研修・進学準備

現地の中学や高校に進学することを目的に、語学研修や進学準備研修を行うプログラムです。語学力を向上させたり、実際に現地の中学や高校でやっていくための勉強のやり方、ノートの取り方やプレゼンテーションの仕方などを学びます。

ホームステイ・ファームステイ

海外の家庭や農家で生活をし、海外生活を体験することが目的のプログラムです。語学研修を行う場合もありますが、現地の人たちとのコミュニケーションを主な目的にしています。

キャンプ

アメリカやカナダで盛んに行われ、現地の生徒にも人気のあるプログラムが、サマーキャンプやスプリングキャンプと呼ばれるプログラムです。山や森、湖、海などの自然が広がるところで、テントやロッジに泊まりながら、様々なアクティビティを行うプログラムです。現地の生徒や世界各国から集まる生徒達との共同生活を通して、体も心も逞しくなるプログラムです。

どんなプログラムに参加するにしても「海外生活を体験する」ということではとても貴重な体験です。でも、もしその後の長期留学を見据えてということであれば、長期留学を考えている国や都市、あるいは学校で開催しているプログラムがいいかもしれません。その方がその後の長期留学のイメージをつけやすいです。まだ長期留学を考えていなくて、とりあえず留学ってどんなんだろう?ということを知りたいのであれば、どこの国のどんなプログラムでも貴重な体験になることでしょう。

結局、短期留学の目的は一人で参加して自分が海外でやっていけるかを知ったり、異文化や異なる考え方に触れることで新たな発見をするなど、短期間であっても海外に出たからこそ得られる何かを体験・経験することなのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。