食べられるものばかりを食べて乗り切る!

3人子どもがいますが、3人とも長いつわりになりました。
本で読むと、何カ月かで終わる場合が多く書かれていますが、私の場合は産むまで続きました。

■前期
この時期はつわりの習慣になれるのに苦労しました。私の場合むかむかしているより、吐いてしまうパターンでした。むかむかして食べられないより、食べてから吐くみたいな感じで、何をしても吐くというのが日課でした。車から降りたら、ラーメン屋で美味しく食べたのにそのあと、トイレの匂いも、だからといって寝ていればいいかでもないし。
このころ覚悟しました、吐くんだなあと。

■中期
吐くという行為に慣れてきたので、生活の一部になっていました。つわりがひどすぎて、点滴に行った友達もいましたが、私は一人目はメロン、二人目はうめぼし、三人目はこれといってなかったけど、食べられるもので乗り切りました。メロンばかり食べた時は贅沢なつわりだと周りから言われたものです。

■後期
まだつわりがあるの?と言いたい気分でしたが、朝起きた時が一番つらかったですね。起きてトイレに行くと吐くという感じです。吐くという行為が体に力が入るので、吐いた後おなかが張ったりもしました。

全体を通しては、おなかがすくと吐き気がするので、いつも何かを食べていました。
吐いた量より食べた量が多かったのかみんな大きく産まれました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。