復活の礼拝堂から、訪問者センターへ

skogskyrko3

七井戸の小道の先にある復活の礼拝堂

七井戸の小道の先に見えていたのが、復活の礼拝堂です。この礼拝堂は、シーグルド・レーヴェレンツによって設計され、1925年に完成しました。 礼拝堂の至る所に古典風神殿建築様式をみることができます。

 
skogskyrko4

カフェと売店などがある訪問者センター

礼拝堂から表示にそって歩くと「訪問者センター(Visitors Center)」が見えてきます。訪問者センターには、カフェがありますので一休みするのも良いでしょう。カフェと併設して売店、トイレがあり、日本語のパンフレットもおいてあります。

 

訪問者センターから森の礼拝堂へ

skogskyrko5

最初に完成した森の礼拝堂

訪問者センターから少し歩くと「森の礼拝堂(Skogskapellet)」があります。この森の礼拝堂は、1920年、スコーグスシュルコゴーデンで最初に完成した礼拝堂で、アスプルンドによって設計されました。森の礼拝堂と復活の礼拝堂は、そのおもむきが大きく異なり、この墓地を設計した2名の建築家それぞれの思いを感じることができるでしょう。

 

skogskyrko6

森の礼拝堂のそばにあるグレタ・ガルボのお墓には多くの人々が足を運ぶ

森の礼拝堂の屋根にある金色の天使の彫刻は、スウェーデンを代表する彫刻家、カール・ミレス(Carl Milles)によるものです。 また、森の礼拝堂のそばには、スウェーデンを代表する女優グレタ・ガルボ(Greta Garbo)の墓があります。

森の礼拝堂から少し歩くと、最初に見た森の火葬場と十字架、楡の高台が見えて来ます。最後にもう一度「死者は森に還る」というスウェーデンの死生観を感じ、自然と建築、芸術の一体化する墓地を見てほしいと思います。

夏の間のガイドツアー

夏の間は、1時間半から2時間ほどの英語とスウェーデン語でガイドツアーがあります。ガイドツアーのチケットは、ストックホルム市立博物館(Stockholm stadsmuseum)で購入することができます。また、ストックホルムカードを持っていると無料で参加することができます。

<DATA>
スコーグスシリコゴーデン/Skogskyrkogården 
住所:Sockenvägen492, Stockholm
開園時間:墓地は年間を通して観光可能、訪問者センターは、5・9月の土日10:00~16:00、6月から8月の最終日曜10:00~16:00
英語ガイドツアー:6~9月日曜10:30~
スウェーデン語ガイドツアー:5~9月日曜13:00~
料金:100スウェーデンクローネ
アクセス:中央駅から地下鉄緑ライン「ファーシタ・ストランド(Farsta Strand)行きに乗り、「スコーグスシリコゴーデン駅」下車、徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。