南向きのこだわりのアトリエ


写真をクリックすると次の写真に進みます
仕事部屋
1. 本棚の隙間からアトリエを見る。入口は引戸を閉じれば個室となる。
2. 漆喰の白壁と幅2.7mの横長の大窓が快適なアトリエ。
床はリビングと同じ熱処理を施したバーチ材のフローリング、天井はラワン合板張り。
3. アトリエのガラス窓越しに階段の踊り場を見る。
4. 踊り場からアトリエを見る。左はロフトへの階段。


Hさんのアトリエは、この家で最も条件の良い南側に配置されています。リビングの本棚と収納に設けられた隙間からアクセスします。仕事をしながら日常の家事をこなすHさんにとって、このLDKとの程よい距離感はとても大切なことです。
「一生の宝物」と絶賛するアトリエのL字型のデスクも、キッチンと同じく建築家・中村好文さんによるもの。トップは集成材を墨染めで仕上げています。

◆建築データと建築家プロフィール