ヴィンテージ住宅を全面的に改修して、新しい住み手に引き継ぐことを提案している住宅企画会社リビタが、建築家の納谷学さんと納谷新さん兄弟と共に取り組んだ「住宅再生プロジェクト」です。
成熟した住宅地に某大手住宅メーカーが建てた瓦屋根の二階家という典型的な純和風の民家を、外観の印象はそのままに、リノベーションによって内部を現代風に変貌させました。

外観は純和風住宅


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 瓦屋根の純和風の外観。間口は約12m。ガレージのある擁壁は再塗装されている。
外観
2. 西側の前庭からダイニングと玄関を見る。
テラス
3. プライベート感のあるベンチを兼ねたフェンスで囲われたウッドデッキのテラス。窓を開け放てば土間と一体になる。
写真は全て吉田 誠




最寄りの田園都市線の青葉台駅から、個人商店やスーパーマーケットなどが立ち並ぶバス通りの並木道を南下すること約15分。小川沿いの小高い丘状の土地に広がる成熟した住宅地に、この住宅は建っています。
南側は緩やかな勾配の斜路に面していて、東側のガレージの脇の外階段を数段上がると、生け垣で折り返して、やがて玄関が現れます。玄関の先にはレッドシダーで造られたテラスが広がっています。

◆建築データと建築家プロフィール