「ディーガ(DIGA)」はパナソニックのビデオレコーダーの名前として広く浸透している名前です。今回、パナソニックから、このディーガに「プラス」がついたディーガプラス(DIGA+)というレコーダーが登場しました。さて、なぜ「プラス」なのか?ディーガが機能を追加していく、いわば直線的な進化を続けてきたのに対して、このディーガプラスではその使い方を根本的に変える革新的な進化をしているのです。

それでは何がプラスなのか?というと、それはワイヤレス接続のモニターを付属させたことです。このモニターは無線LANで接続しているのですが、モニターとレコーダーでダイレクト無線接続できるので、無線LANルータを使っていない人でも使うことができるのが便利です。このモニターはバッテリも搭載しているため、完全にワイヤレスで使うことができます。

この製品ではモニターは10インチと15インチの2タイプあるのですが、今回は持ち歩きやすい10インチ版の「UN-JL10T2-K」をお借りしてレビューしています。

wire

どこにでも持ち歩けるワイヤレスモニター付属




外観

ブルーレイドライブを搭載しないハードディスクレコーダーであることもあり、ボディは実にコンパクトです。ボディ右側には外付けの無線LANのアンテナがあり、アンテナ内蔵型よりも感度が高いことを予感させます。無線LANはこのディーガプラスの重要な機能なので、できるだけ感度を確保したいということでしょう。

背面はアナログ関連の端子がないため、端子が少なくシンプルです。ボディサイズといい、先進性を感じさせます。B-CASカードはminiタイプで背面に刺すようになっています。ちなみに背面にはHDMI端子も搭載し、付属モニターだけでなく、HDMI端子搭載(現在のほとんどのTV)に接続して使うこともできます。

付属のリモコンは通常のディーガよりもボタンが少ないシンプルなものです。これはテレビと接続した場合の操作に使います。

body

本体。右側にあるのは無線LAN用アンテナ。



back

背面


remo

リモコンと本体


モニターディスプレイはシンプルなデザインで、右サイド上に電源スイッチ、下にACアダプタとのコネクタがあります。ACアダプタのコネクタはマグネット方式で簡単に着脱できます。また、背面下部には折りたたみ式のスタンドがあり、立てて使うことができます。このワイヤレスモニターはタッチ機能を備えており、手元でチャンネル変更や録画再生、録画開始などを操作できます。

moniter

ワイヤレスモニター


stand

モニタースタンド


次ページではセットアップなどの話をします。