キャンパスのまわり方を全体説明でチェック、親子で気軽に参加を!

説明画像

大教室にてオープンキャンパスの説明と、大学の概要解説が行われた

アジアをはじめとした世界で活躍できる行動力のある人材の育成をめざし、国際教育に力を入れている亜細亜大学。キャンパスは、東西に長い東京都のほぼ中央となる緑豊かな武蔵野(最寄駅はJR武蔵境駅)にあり、世界22カ国・地域から訪れた約500人の留学生を含む約7000人の学生が学んでいます。新宿までJR中央線で約20分と都心へのアクセスもよく、学生が学び、暮らしやすい環境も魅力です。

オープンキャンパス当日は、午前10時の開場に合わせて多くの来場者が集まりました。1人でじっくり見学したい高校生、友達同士、親子連れなど参加スタイルはさまざまですが、全体的に明るく活発なムードで、“亜細亜大学のことが知りたい”というポジティブなエネルギーが伝わってきます。この日のオープンキャンパスは事前予約不要で入退場自由。もちろん入場無料で、保護者も気軽に参加できます。

キャンパス内を少し進むと、受付では当日のプログラムが配布され、その隣には大学案内、過去問題集、入学試験要項などを揃えた資料コーナーがありました。まずはプログラムをチェックし、「全体説明」が行われる会場へ向かうと、広い場内はほぼ満員。どのようにオープンキャンパスを活用すればいいのか大学側からアドバイスがあった後、大学の学びの特徴や魅力、就職支援などに関する「大学・短大部概要説明」が行われました。