Perl には「CPANモジュール(しーぱんもじゅーる)」と呼ばれる無料のライブラリがあります。CPANモジュールを使うとプログラミングを大幅に効率化できますので、ぜひ活用して下さい。

前回はCPAN検索サイトで必要なCPANモジュールを探す方法をご説明しました。今回は、目星をつけたモジュールを実際に使ってみて、自分の目的に適うかを確かめてみましょう。

練習の題材として、前回探したエクセルファイルを書き出すためのモジュールである Excel::Writer::XLSX をインストールします。

目次

CPANモジュールのインストール方法

CPANモジュールのインストールは非常に簡単です。

ただ、初回の実行時には多少設定が必要な場合があります。以下の順番で方法を説明しますので、問題が出なければ、1、2 の後そのまま「Perlモジュールの動作確認」に進んで下さい。何か問題があったら 3 や 4 の内容を確認して下さい。

なお、4 では Mac での事前準備の方法をご紹介していますが、Windows ではこのような準備の不要な Strawberry Perl (※)がインストールされていると想定しています。

  1. CPANモジュールのインストールコマンド
  2. モジュールが使えるようになったかの確認
  3. モジュールインストール時に止まってしまったら
  4. インストールの準備(Macの場合)

※ Strawberry Perl のインストール方法は「Perl の実行環境をインストール」でご紹介しました。


>次は: CPANモジュールのインストールコマンド