Perl で簡単な計算を行い、書式を整えて表示する方法を覚えましょう。
早速ですが以下のような Perl プログラムを書いてみて下さい。

Perl での数値計算例 1(prog01.pl)
# Perl の数値計算を覚えるためのプログラム

use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDOUT, ':encoding(utf8)'; #Windows の場合は utf8 -> cp932

my $seisuu = 2;
my $kekka = $seisuu / 3 + 1;

print "$kekka は $seisuu を 3 で割って1を足した結果です。
";
プログラムを保存したら早速文法チェック、実行して下さい。

文法チェックは
% perl -c prog01.pl
実行は
% perl prog01.pl
でしたね。

以下の様な出力がされたでしょうか?
1.66666666666667 は 2 を 3 で割って1を足した結果です。
電卓で、2を3で割って1を足して確かめて下さい。Perl の計算結果と合っていますね。

Perl の計算に使用する記号

Perl の計算は、学校で習う四則演算と同じです。ただし記号は「×」の代わりに「*」、「÷」の代わりに「/」を使います。

Perl の演算記号

演算種類      例      結果
加算(+)    1+1        2
減算(-)    2-4       -2
乗算(×)    3*5       15
除算(÷)    8/2        4

掛け算や割り算は足し算や引き算より先に行い、もし優先したいものがある場合はカッコでくくります。

カッコを使ってプログラムの計算部分を以下のように変更すると、

Perl での数値計算例 2

my $seisuu = 2;
my $kekka = $seisuu / (3 + 1);

print "$kekka は $seisuu を 3 足す 1 で割った結果です。
";
出力は以下のようになります。
0.5 は 2 を 3 足す 1 で割った結果です。
3足す1は4ですので、計算結果もばっちりですね。

>>次は:桁数の調整