プログラムの実行環境

Perl プログラムの実行には実行環境のインストールが必要です

Perl のプログラム自体は単純なテキストファイルですが、その Perl プログラムを実行したり、また、開発用にテストしたりするにはPerl の実行環境が必要です。この記事ではお手元の環境でPerl プログラムが使えるように、実行環境を整える方法をご紹介します。

ちょいちょい手元で Perl が使えるようになるととても便利ですよ。ぜひトライして下さい。

「開発環境」と「実行環境」は違う?

プログラミング言語によっては「開発環境」と「実行環境」で異なるプログラムが用意されているものがありますが、Perl については「開発環境」と「実行環境」は同じものです。

一方、「統合開発環境(IDE、Integrated Development Environment)」と呼ばれるものについては別にありますので、これは追々ご紹介します。

目次

対応 OS
Windows の場合
Mac の場合
Unix 系 OS の場合
バージョンと文字コードの問題
テスト実行
記事中の URL まとめ

>次は:Perl が対応している OS