Mac OS X に Perl 実行環境をインストールする

Mac OS X の場合は、Perl が始めからインストールされています。「え、そんなの知らないよ」「そんなアプリのアイコン無いぞ」というのはその通り。Perl は「ターミナル」というアプリからコマンドライン(キーボードで命令を打ち込み)で実行します。

「ターミナル」は Finder で「アプリケーション」→「ユーティリティ」の中を探して下さい。
Mac の「ターミナル」

Mac の「ターミナル」は「ユーティリティ」の中にあります

ダブルクリックで「ターミナル」を起動すると、下のようなウィンドウが開きます。ここにコマンドを打ち込んで行きます。
Mac の「ターミナル」画面

Mac の「ターミナル」画面

まだプログラムを作成していませんので、とりあえず Perl が使える事を試すためにキーボードから「perl -v」と打ち込んでエンターを押して下さい。

下図のように「This is perl 5 ...」と表示されればOKです。

Mac 「ターミナル」からの Perl バージョン確認

Mac 「ターミナル」からの Perl バージョン確認


>次は:バージョンと文字コードの問題
他のOSの場合: Windows Unix

Unix 系OS に Perl 実行環境をインストールする

Unix 系OS にも既に Perl がインストールされていますので、新たにインストールの必要はありません。手元で Unix マシンを使っている方はコンソールから、リモートサーバを利用する方は ssh などでサーバにアクセスし、コマンドラインから「perl -v」と打ち込んで下さい。

「This is perl 5 ...」とPerl のバージョン情報が表示されればOKです。

>次は:バージョンと文字コードの問題

他のOSの場合: Windows Mac OS X