テスト実行

では、ひとまずはバージョンが問題にならない日本語無しのプログラムを試しに実行してみましょう。以下のコードをテキストファイルに保存して下さい。
use strict;
use warnings;

print "Hello, World!¥n";
実行コマンドは以下の通りです。「path to ...」の部分は適宜ご自身の環境のものに変更して下さい。

Windowsの場合
perl path¥to¥program.pl
Mac/Unix の場合
perl path/to/program.pl
Hello, World と表示されればOKです。

”Hello, World” プログラムを実行した所(Windows)

”Hello, World” プログラムを実行した所(Windows)


関連URL

Perl 本家
http://www.perl.org/

Strawberry Perl( Windows 用 Perl )
http://strawberryperl.com/

記事中で触れなかった関連URL
ActiveState Perl ( Windows 用 Perl の別の選択肢)
http://www.activestate.com/activeperl

Cygwin (Windows で Unix 風の操作を行える環境)
http://www.cygwin.com/

Perl の統合開発環境(IDE) Padre
http://padre.perlide.org/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。