日本語の扱いのチェック

CPANモジュールが目的に適うかのテストをする時の重要なチェックポイントは「日本語を扱えるか」という点です。日本語の文字コードは「Perl でファイルの中身を変更する」でご説明したようにいくつか種類があり、そこの配慮が抜けていると文字化けしたり、エラーで処理ができなかったりします。日本人以外が作ったモジュールは日本語処理の配慮がされていないのが普通ですので、文字化けなどの問題が起こらないかは自分で確かめて下さい。

日本語テストを加えたテスト用プログラム
#CPANモジュールを使う

#エクセルファイルを書き出すモジュール Excel::Writer::XLSX が
#ちゃんと使えるのかテストする

use strict;
use warnings;
use utf8;

use Excel::Writer::XLSX;

# Create a new Excel workbook
my $workbook = Excel::Writer::XLSX->new( 'perl.xlsx' );

# Add a worksheet
my $worksheet = $workbook->add_worksheet();

#  Add and define a format
my $format = $workbook->add_format();
$format->set_bold();
$format->set_color( 'red' );
$format->set_align( 'center' );

# Write a formatted and unformatted string, row and column notation.
my ($col, $row);
$col = $row = 0;
$worksheet->write( $row, $col, 'Hi Excel!', $format );
$worksheet->write( 1, $col, 'Hi Excel!' );

#日本語が通らないモジュールは多いので必ずチェック 
$worksheet->write( $row, 1, 'こんにちは、エクセル!' );
# Write a number and a formula using A1 notation $worksheet->write( 'A3', 1.2345 ); $worksheet->write( 'A4', '=SIN(PI()/4)' ); $workbook->close();
日本語のテスト以外にも、少しコードをきれいにしました。

このテストプログラムを実行してみると、生成されたエクセルファイルはどうでしょうか?
お、このモジュールは優秀です。日本語もちゃんと書き出せました。

から書き出したエクセルファイル(日本語含)

日本語テストを加えた後のエクセルファイル


CPANモジュールを使う時の注意点

ここまで、見知らぬCPANモジュールを探し、使ってみる過程をご紹介しました。

CPANモジュールは本当に素晴らしいものが多いですが、中にはエラーが頻発するもの、日本語が扱えないものもあります。CPANモジュールを使う場合は、プログラムの作り込みを始める前に予め、機能に不足が無いかを確かめてから使うようにして下さい。

参考リンク

CPANモジュール検索サイト
http://search.cpan.org/

題材にしたモジュール Excel::Writer::XLSX
http://search.cpan.org/~jmcnamara/Excel-Writer-XLSX-0.72/

Apple 開発者サイト (「Command Line Tools」の入手)
https://developer.apple.com/jp/

Windows Stawberry Perl (開発ツールが同梱されています)
http://strawberryperl.com/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。