手首のひねりとフォロースルーがポイントのサーブ

フォアハンド横回転サーブとは……ラケットを持つ手(利き手)側から放つ横回転をともなうサーブのこと


打ち方(右利きの場合)

■右回転の場合の手順
  1. ボールを投げ上げます。
  2. ラケットの先を下に入れます。
  3. 手首を使って、ボールの左側を鋭くインパクトします。
  4. フォロースルーを台の下に隠します。

■ポイント
右回転を出すときは、ラケットの重さを利用し振り子のようなスイングをします。

インパクトの瞬間にラケットの先を下に向けることで、お腹の前でボールの左側がとらえやすくなります。

また右足から左足へ体重移動することでサーブのキレが増します。

■左回転の場合の手順
  1. ボールを投げ上げます。
  2. ラケットの先を下に入れます。
  3. 右ひじを高く上げ、手首をなるだけ内側に曲げます。
  4. 手首を一気に戻して、ボールの右側をこすります。
     

有効な練習方法

このサーブは、台への入射角が高いとバウンド(台からの反射角)が高くなってしまい、相手からレシーブ攻撃をされやすくなります。
そのためできるだけインパクトの位置を低くし、ネットすれすれのサーブを打てる練習をします。

左回転はフォロースルーを工夫することで相手に回転が読まれにくくなります。
それを踏まえてボールの右上、右下をこすれるように練習しておくと相手はレシーブミスしやすくなります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。