略式スタイルのこじんまりとした結納

■結納を行った理由
夫の両親がやると言ったため(古い農家でけっこうしきたりにしたがって生きている)

■出席者
夫の両親と夫、私の父(母とは離婚)と私、合計5人

■結納のスタイル
かなりな略式だったけれど、一応結納セット(昆布とかのあれ。売ってるところがあるらしい)を夫側が持参した

■結納を行った場所
私の実家の居間。あんな狭い家でよくやったよなぁ。
よく考えれば、料理屋の個室とかとれば良かったんだよな。
他の方が書いてらっしゃるように。当時は思いつかなかった。

■会場費、会食費の負担方法
実家なので会場費はなし。会食費は私の実家持ちで、寿司屋から特上の寿司をとり、デザートは私がアップルパイを焼いておいた。
「結納だから」と父が寿司屋さんに伝えたらしく、だいぶ良いのを持って来てくれた。生のエビが寿司になっても、まだピクピク動いていた。
この寿司屋さんは、今はもう日高屋になってしまった。

双方とも洋服(全員ちょっといいスーツ)で、緊張はしたけれどもこじんまりとして、結納らしいのは結納セットと寿司ぐらいだった。

あとから夫曰く、夫の母が「『半返し』するものなんだけどねぇ」と言っているが、要らないからとのことでした。
半返しもせずに今に至ります。

結納をしたのは友達のうちでは私だけで、どういうことやんの?と興味津々聞かれたことを思い出します。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。