【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結納より、両家顔合わせ食事会が主流に?

両家顔合わせ食事会とは?

両家顔合わせ食事会とは?

結婚が決まったら、まず結納を交わして……というのが昔の結婚の流れでしたが、最近では形式張った結納を敬遠し、代わりに両家の顔合わせ食事会を行うケースも増えてきました。

両家顔合わせ食事会には決まったスタイルはありませんが、「そうは言っても、誰にとっても失礼のないマナーや参考になるものはないか?」というのが、ふたりの正直な気持ちでしょう。

そこでこの記事では顔合わせ食事会をスムーズに進めるための準備方法や当日の進行例を紹介します。どうぞご参考に!



1.顔合わせ食事会の日程、場所決める

“顔合わせ食事会
結婚式をあげる会場で料理の試食を兼ねながら行うのもいい
顔合わせ食事会を行うことが決まったら、まず真っ先に着手したいのは日程です。

日程については、それぞれの親の都合を聞き、ふたりで調整をしましょう。遅くとも結婚式の3カ月前には行いたいところです。

次に決めるのは、どんな雰囲気&内容で行うかということ。顔合わせ食事会といっても内容はさまざま。「略式結納」に近い形で、結納品の交換を行いたいのか、両家が一堂に会して食事をするだけでいいのか、ある程度の内容を詰めてしまいましょう。

雰囲気と内容が決まれば、場所選びも簡単。略式結納に近い形であれば、料亭やホテルの小宴会場などがいいでしょうし、食事会の色彩が強いのであればレストランの個室などがおすすめです。

場所は両家の中間点にするのがいいでしょう。ですが、どちらかの実家の近く、ふたりが住むエリア、結婚式をあげるホテルなど、両家が納得すれば選択肢はいろいろあると思います。

なお、会場側には予約を入れた際に、「結納代わりの顔合わせ食事会です」と伝えておくと、対応もスムーズになります。

日時と会場以外にも、まだまだ決めておかなくてはならないことがたくさんあります!