【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

主流は両家が一堂に集まる略式結納

婚約の証として行われる結納。最近では顔合わせ食事会にその役割を取って変わられつつありますが、しっかりとけじめをつけて結婚に臨みたいという人はこちらを選ぶ傾向が強いようです。

仲人が男女の家を行き来して結納品を交わすのが正式な結納ですが、最近ではこのスタイルで結納を行う人はほとんどいません。現在は、仲人なしで両家が一堂に集まって行う略式結納が主流となっています。

略式結納は、結納品を交わす結納式とその後の会食によって成り立っています。では、それぞれにいくらかかるのか見ていきましょう。

結納品は関東式9品目で2万円~5万円程度

結納・顔合わせ食事会にかかる費用
結納品は関東ではひとつの台に飾ります。これを一台飾りといいます
結納式で必要となるのは結納品と受書です。関東では男女それぞれ、関西では男性のみ(女性は受書のみでOK)が用意します。なお、関東でも女性側が結納品を省き、受書のみで済ませることもあります。

関東の結納品は9品目、関西は5~9品目が一般的ですが、その家の考え方などもあり、一律ではありません。

品目は関東では目録・長熨斗・金包・勝男武士(かつおぶし)・寿留女(するめ) ・子生婦(こんぶ)・友白髪(ともしらが)・末広・家内喜多留(やなぎだる)となっています。

これらは結納品を扱う専門店のほか、デパートやホテルの婚礼サロンなどで購入できます。価格は関東式の9品目(結納品を載せる台や結納品を包む風呂敷などを含むことが多い)で2万円~5万円程度。関西式は1品を1つの台にそれぞれ飾るので、関東式よりも1~2割程度高くなります。また、受書については3000円~1万円くらいとなります。

結納品と受書に加え、家族書や親族書を交換する場合は、これらの費用も必要になります。それぞれ3000円程度で手に入ります。

次ページでは結納金や顔合わせ食事会の平均費用について