結納は本来、仲人が両家を行き来し、結納品を取り交わして両家の結婚の約束をするという儀式です。しかし、最近では、両家が一堂に女性宅、仲人宅、あるいはホテルなどにあつまり、結納品を取り交わす略式結納が増えています。
(*両家顔合わせだけを行う場合はこちら)

結納のために決めること

結納

結納は両家の儀式。お互いの家の意見を尊重しつつ行うのがポイントです。ここではまず、両家の意見を調整しておくべき項目をピックアップしました

□日時、場所を決める
□仲人を立てるか
□結納品の数をどうするか
□家族書の受け渡しをするか
□結納金、結納返しについて決める
□両家の服装のすり合わせ
□当日の進行の確認

結納のお日柄にこだわる?

結納をするという家であれば当然お日柄にもこだわりがあるはず。ふたりにこだわりはなくても親が気にする場合が多いので、六輝の意味をよく知って、休日の大安や友引きを選べば問題ないでしょう。

仲人を立てる?

結納に限らないが、結婚式に仲人を立てる人は1.1%にまで減少しています。理由は「特に必要を感じなかった」86.0%。仲人が仲介するお見合い結婚が減ったため、必要性がなくなってきたというのが現実のようです。

結納の場所どこにする?

実施場所ではホテル、または結婚式場という人が27.4%、レストラン・料亭が26.1%、女性宅41.2%となっています。ただし、首都圏でみると女性宅は28.1%と減少傾向にあるようです。また、結納は女性宅で実施しても、その後の会食は料亭やホテルでという人が多くなっています。なお、仲人宅での結納は現実にはほとんど行われていない状況です。結納の場所は以下の場合が一般的です。

・ホテル・式場
最近では、ホテルや式場の一室を借りての結納が多く、結納パックを用意している所も増えています。結婚式を予約しているところだろ融通が利きますし、親に結婚式会場を見せる良い機会にもなります。

・料亭・レストラン
個室があるレストランや料亭を選びましょう。結納は女性宅で、その後、移動して食事だけ…という場合にも自宅に近い料亭やレストランは便利。

・女性宅
エリアによっては女性宅が主流のところも多いようです。ただ、結納の簡略化とともに、外で結納という傾向は強くなってきています。

⇒ 服装のルール/費用分担どうする?
⇒ 当日の進行・結納の口上
⇒ 結納までに準備するもの