少子化傾向でも女性の出産意欲は旺盛

シングルマザーの現実は甘くはありません

シングルマザーの現実は甘くはありません

厚生労働省は今年、「2012年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むとされる子供の数)は前年を0.02ポイント上回る1.41だった」と発表しました。1.4台の回復は1996年以来、実に16年ぶりなのだとか。

この数字を押し上げた原動力は、第2次ベビーブーム期(71~74年生まれ)の世代である「団塊ジュニア」など30代以降の層の出産意欲の高さだと言われています。実際、年齢別に合計特殊出生率を見てみると、29歳以下が減少しているのに対し、30歳以上は2005年以降、上がり続けています。団塊ジュニアらが30代半ばにさしかかり、「産めるうちに産みたい」という気持ちが高まっているからでしょうか。

「妊活」と言う言葉もすっかり定着し、芸能人でも「妊娠活中」を堂々と宣言する人が出てきていますね。そして、この子づくりブームが既婚者だけでないのが最近の特徴といえます。フィギュアスケーター安藤美姫さんの出産は世間をあっと言わせましたが、有名人に限らず「未婚の母」の選択肢を選ぶ人は増加しているのです。

■次ページでは、ハマる女性続出のあのドラマについて考察します