ビタミンCの補給に ローズヒップ

今年は異常なほどの暑さ。8月後半になり、ますますだるさや疲れを感じてくる時期。日中の照り付ける日差しも強く、水分補給だけでなく栄養補給も必要。すぐさま取り入れたいのがローズヒップで作るハーブティーです。
ビタミンCが豊富なローズヒップティー

ビタミンCが豊富なローズヒップティー


大きめに砕いたものは、8分くらい、十分に時間をかけて浸出させます

大きめに砕いたものは、8分くらい、十分に時間をかけて浸出させます

ローズヒップ
科名:バラ科
学名:Rosa canina
ハーブティーとしての使用部位:果実〔正式には、偽果(ぎか)花が落ちた後に出来る花の根元が生長・肥大。〕
※偽果…子房以外の部分が加わってできている果実
作用:緩下、利尿、抗酸化、美肌、

ギリシャ・ローマ時代にこの植物が狂犬病に効くともいわれたとか。ラテン語でRosa canina(犬のバラ)と呼ばれたことで、英語でドッグローズともいわれています。

細かく砕いたものでも、5分程度じっくりと浸出させて

細かく砕いたものでも、5分程度じっくりと浸出させて

ローズヒップ最大の特徴は、ビタミンCがとても豊富なこと。「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれ、その量はレモンの数十倍ともいわれるほど。ビタミンCには、紫外線を浴びるとできるメラニン色素の生成を抑える働きがあり、美肌のためには欠かせません。また、ビタミンCのほかにビタミンA、B、Eなども含んでいます。


 
ローズヒップティーの入れ方

ローズヒップには大きく砕いたものと細かく砕いたものなどがあります。
  • 大きく砕いたもの(写真参照)では、ティーカップ1杯分(150~160ml)につき、ティースプーン軽く2杯、約8分浸出。
  • 細かく砕いたもの(写真参照)では、ティーカップ1杯分(150~160ml)につき、ティースプーン中盛り1杯、約5分浸出。
ストレートでもとても飲みやすい。ほんのりと酸味、甘みを感じますが、お好みでハチミツやグラニュー糖などで甘みをつけてもいいでしょう。また、今の時期なら、レモン汁を加えて酸味アップさせるとすっきり。

他のハーブとのブレンドにもよく合うので、常備しておくと便利です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。